オリックス銀行カードローンのメリットとデメリットとは?

銀行のカードローンを利用するにあたってどこにメリットがあり、どこにデメリットがあるのかというのは皆さんが気になるところだと思います。確かにどの銀行にも強み弱みがあるため、用途によって使い分けるのが正しいでしょう。

 

そんな中でもメリットが多いオリックス銀行のカードローンをオススメしたいと思います。それには以下のようなメリット、デメリットがあるからです。

オリックス銀行カードローンのメリット

まずはメリット面ですが、まずは登録が簡単という点です。銀行のカードローンと聞くといろいろと面倒があるように感じますが、オリックス銀行のカードローンはそんなことはありません。

 

なぜならスマートフォンから可能なのです。登録も審査もスマートフォンから簡単に出来てしまうのです。ここまで簡単なのは大きなメリットですが、最大の特徴は限度額300万円までは収入証明書が不要になっている点です。

 

消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは50万円を越えた時点で所得証明書などが必要となりますが、オリックス銀行なら300万円までは収入証明関係の書類は必要ありません!これこそが最大のメリットと言えます。

 

次にATMの利用についてです。カードローンでお金を借りるときに使用するのがATMです。最近ではコンビニにでも設置されるようになり便利に利用できるようになりました。

 

たしかにどこの銀行のカードローンもATMを利用します。しかし、そこには手数料が発生してしまいます。お金を借りる度に手数料が発生してしまうというなんだか悪循環なのです。でもオリックス銀行のカードローンは違います。手数料がかからないのです。無駄な出費を抑えることができる点はこれもまた、大きなメリットでしょう。

 

さらに限度額のメリットもあります。本当にお金が必要な時に限度額のせいで希望の金額が借りられなかったらガッカリではないでしょうか。オリックス銀行のカードローンならそんな心配はありません。

 

なぜなら限度額が最高で800万まであるからです。これは銀行のカードローンではトップクラスです。ここまであれば安心して借りることが出来るでしょう。

オリックス銀行カードローンのデメリット

さて、反対にデメリットですが、それは金利にあります。といってもオリックス銀行のカードローンはたくさん借りる方には非常に低金利です。これは銀行のカードローンのなかでもトップの低金利です。

 

しかし、少額しか借りられない方にはあまりいい金利とは言えません。オリックス銀行のカードローンの唯一のデメリットと言えるでしょう。

 

メリットとデメリットを挙げてみましたがいかがでしょうか。確かに少しだけ、一回だけといった方には向かないかも知れませんが、長い付き合いをしていこうと思ったときにはメリットしかないのです。

 

これがオリックス銀行のカードローンが多くの方に選ばれている理由なのです。カードローンを利用していこうと思っているのであれば真っ先にオリックス銀行です。この選択で間違いありません。ぜひご参考にしてみてください。

オリックス銀行カードローンの総合評価

オリックス銀行カードローンについてメリットとデメリットを書いてみました。1つ言えることは、どんなカードローンでもメリットとデメリットが必ずあり、その中でいかにメリットの多いカードローンを選ぶことが重要なことなのです。

 

オリックス銀行のデメリットは、金利が若干高いことと、即日振込融資ができないこと、専業主婦への融資が不可になっていることが挙げられますが、カードローン審査の全体で考えてみれば、メリットの方が審査上はかなり多いはずです。

 

総合的な評価で言えば、カードローンの中ではおすすめの部類に入ります。銀行カードローンなので、総量規制も関係無く、収入証明書不要のメリットは非常に大きいでしょう。

 

また、保証会社も2社あることから、審査に不安な方は、どちらかの保証会社に通ればOKとなりますので、臆することなくお申込みしてみることをおすすめいたします。

 

一括返済時に発生した預り金の返却処理はどうしてるのか?

カードローンを長い間利用している人は、たまに借入残金を一括返済することがあります。

 

ただ、一括返済をする場合、利用者が業者に確認を取らずに行うことが多いため、返済額が多すぎたり、一括返済後に引き落としがされたりして、必要額以上に業者に入金されることが良くあります。

 

そして、「余ったお金」は業者において「預り金」などとして処理されます。例えば、プロミスから利用限度額30万円のカードローンを利用中に、一括返済して5千円の過剰返済が起きると、会員ページに記載されている利用可能額は30万円から30万5千円に変わり、新しく預り金という項目ができて、5千円と記入されています。

 

預り金は口座引き落としを利用している人が引き落とし日前に一括返済したような場合に起こりがちですが、ATMを利用して返済する時に意図的に過剰返済をすることも良くあります。

 

例えば、最後に残った借入金が16,500円だった場合、ATMでは硬貨を扱っていないことが多いため、17,000円を入金する人が少なくありません。この場合は500円が預り金となります。

 

預り金は返金してもらうことも、次回の利用時の返済に当てることもできますが、当然利用者のものなので放置していると、預り金の残っていることを電話やハガキなどで業者から連絡があります。

 

例えば、プロミスでは利用者に「お知らせメール」を送っています。会員ページにログインしてお知らせページを開けると、「預り金のお知らせ」という件名があります。返金するのでプロミスコールに連絡くださいという内容が書かれており、電話番号とメールで連絡する場合のリンクボタンが並んでいます。

 

プロミスにおける預り金を返金してもらう方法は銀行口座に振り込んでもらう、店舗窓口で受け取る、預り分だけ借り入れる、次回の返済に当てるなどがあります。

 

なお、レイクではホームページに「おつりがでないなどの理由で、返却させていただく金額がある場合は、いずれかの方法にて返却の手続きを行います。店頭窓口での返却、銀行振込での返却、郵送での返却」という文章が載っています。

 

三井住友銀行のホームページには「お借入残高とお利息の合計金額を超えるご入金(ご返済)をされた場合は、カードローン口座で普通預金としてお預かりさせていただきます。」とあり、普通預金口座に自動的に入金されます。

 

オリックス銀行では約款に、「預り金の返却方法および返却場所は、借主の指定する借主名義の指定金融機関への振込みその他保証会社所定の手続によるものとします。」と記載されています。